プロフィール

りょこうりょうこ

Author:りょこうりょうこ
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5

9月21日、iPhone 5が発売された。iPhoneシリーズというと、毎年1機種しか発売されないが、発売のたびに、予約や販売で大行列ができるほど、注目を集めるスマートフォンだ。その最新モデルであるiPhone 5が従来のiPhoneに比べてどう変わったのか。筆者はさっそくau版とソフトバンク版の両方を購入したので、そのファーストインプレッションをお届けする。


■ 液晶はワイド化、本体は薄型軽量化
 従来のiPhoneに比べ、iPhone 5になって最も大きく変わったのが、画面と本体のサイズだ。


左がiPhone 4S、右がiPhone 5
 これまでのiPhone/iPod touchは、いずれも3.5インチ(実測は約90mm=3.54インチ)、横:縦=2:3の比率となる640×960ドットのディスプレイだった。これがiPhone 5では、4インチ(実測は約102mm=約4インチ)、横:縦=9:16の640×1136ドットのフルワイドディスプレイとなった。

 画面は縦に伸びているが、横幅はドット数も長さも一切変わっていない。3.54インチの2:3比率だと縦74.8mm、横49.9mmとなり、4インチの9:16比率だと縦88.5mm、横49.9mmになる。ノギスを画面に当ててみても、横幅はまったく同じに見える。一方の縦の長さは13.7mm、176ドット、約18%伸びている。

 これに伴い、ボディサイズも縦に伸びている。iPhone 4/4Sでは115.2×58.6×9.3mmだったが、iPhone 5は123.8×58.6×7.6mmとなった。こちらも幅はまったく一緒なのに、縦には8.6mm伸びている。

 なお、ディスプレイが13.7mm伸びたのに、本体は8.6mmしか伸びていないこともあり、iPhone 5ではiPhone 4/4Sに比べ、ディスプレイの上下が縮んでいる。そのせいもあり、iPhone 4/4SとiPhone 5を並べてみると、「iPhone 5って横幅も小さくなった?」との錯覚すら覚えてしまう。















大きさが
変わっただけ??

もちろん
性能も
変わったんだろうけど

買うべきか
否か
















スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。